家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

   

鞍岳(1119)   H18.1.2

お正月登り始めに・・・と鞍岳に出かけた。
途中阿蘇など年末に降った大雪が残っていて、少々心配しながら行く。

旭志村の四季の里に向かって行くと、鞍岳の標識も出てくる。

林道が通れたら20分で登ることが出来るとのことで、少し走って見るが、やはり途中から雪が残っていて、夏タイヤの我々はあきらめ、森林コース登山口まで戻った。

森林コースの前の駐車スペースにもう早くも先客の車が何台か停まっている。
今日の天気予報は、午後から晴れてくるとのこと。しかし登りはじめは、雲が厚い。

登山道をしばらく歩きだすと雪が出てきた。
昨年末の大雪の名残だ。
30分くらい雪で滑らないようそろそろ歩いたが、北斜面に入ると、いよいよ歩けなくなりアイゼンを付ける。

1時間ほどで、馬頭観音と山頂の分岐。
まずは山頂へ。

10分ほどで広い鞍部。
左が本峰、鞍岳。右は女岳。
女岳はアンテナが建っていて山頂がはっきりしなかった。

鞍岳山頂からは、ツウムシ山が望める。
鞍岳からの縦走路もあるらしいが、今回は雪も多そうなのでパス。

帰りに馬頭観音へ。
分岐から5分。
赤煉瓦の立派な建物。中に石の観音様。
脇に山の上に向かって踏跡があるので、馬頭観音経由でパノラマコースに合流して山頂を目指すルートもあったようだ。