FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

   

黒髪山  H18.1.22

早朝四時、鹿児島を出発して、佐賀に向かった。

目的は黒髪山。
佐賀の山は初めてだ。

県道26に入ると、黒髪山少年自然の家などの標識がある。

乳待坊公園まで、車であがる。
乳待坊公園の駐車場に車を停める。

10時に着いて、10時20分出発。
展望台から望む黒髪山は、岩峰を、いくつも抱えるなかなか見ごたえのある山!

林道をしばらく歩く。
信仰の山らしく、林道脇には小さな仏像が並ぶ。
やがて、「参道」の標識とともに、右側を登る山道が現れる。

登山道なのに「参道」と言われているところは、この山自体が信仰の対象なのだろう。

山頂近くなると、岩場が続く。しかし鎖や足場がしっかりしているので、安心して登れる。
山頂は天童岩の奥

天気が良いので、有田ダムが目の下に見え、有田市街地も見える。
さすが、有田!!
と、思うのは、山頂のプレートが陶器!

それも有田焼風の絵付け!
山頂を下りて、上宮へ

天童岩を仰ぎ見る位置に建っている。
ご神体は天童岩のようだ。

白山神社は、岩屋の中にあった。

西教密寺まで行くにはちょっと遠そうだったので、雌岩を経て、見返り峠まで戻る。
見返り峠まで戻ったのが、まだお昼前だったので、青螺山まで足を伸ばすことにした。

標識で見ると、黒髪山0.8キロ、青螺山0.9キロ。1時間以内に着きそうだ。
青螺山  H18.1.22
最初、“青蝿山”と読んだ私!!
あらためて見ると、ちょっと字が違う。
「螺鈿の『螺』だよ」と言うパートナー!
でも螺鈿って、貝を埋め込んでいるのに虫偏なの?考えながら歩いた。

山頂の標識を見て、「あ、そうだ!法螺貝の『螺』だ!」巻貝は、カタツムリの流れで虫偏なんだ!!
山を下りてから、車で、西教密寺まで走る。
しかし、昔の本堂は焼失していて、新しいお堂が建っていた。
上から歩かないで正解!

最初黒髪山が見えてきたときから気になっていた、山頂直下の赤い建造物の正体がやっとわかった。
西教密寺に向かう途中にあった不動明尊。2丈8尺とのことだから、8メートルくらいだろうか?
その日は、嬉野温泉で宿泊。
ネットで、「建物は古いけど、掃除が行き届き、安くて気持ちの良い宿」と評判の『一休荘』
メインルートに面し、はたごやの感があったが、中に入るとゆったりとしていて、評判どおり、廊下はぴかぴか!
お風呂もゆったりと入れて、満足満足!
パートナーは、朝ご飯の温泉豆腐が、気に入ったようだった!
虚空蔵山  H18.1.23
2日目は虚空蔵山へ

角度によって、台形に見えたり、三角錐のように見えたりする。

別名佐賀のマッターホルン?
天気予報では良かったはずだったが、空は曇り!ラジオからは熊本の山沿いは大雪が降っているらしい!

どんどん、道が細くなるので、心配になり、車は途中に停めて、歩いていった・・・が、終点にはちゃんと駐車場が!!
しかし、とうとう雪が降ってきた。

最初はお茶畑の中の道を・・・いく。
杉林を抜ける頃から、山道になり、山頂に近づくと、やはりこの山も岩場あり。
でも昨日の黒髪山ほどには、険しくない。

雪の中を登っていったが、山頂に着く頃は、晴れた!!佐賀の山と思っていたら、山頂は長崎県。
大村湾が良く見える。
虚空蔵菩薩の前の水は凍っていた!

山頂には、屋根がかけられるような、丸太の骨組みが出来ている。暖かくなって、シーズンになると、ひょっとして出店でも出るのだろうか??

山頂まできたらビールでも売っていたりして!!
山を下りてから、嬉野茶のご先祖、大茶木を見に行った。

嬉野茶は144O年唐人船が平戸に来て、嬉野村で陶器を焼いてお茶を作ったのが始めだそうだ!!

このお茶の木は330年前のものだそうだが、嬉野茶の伝統を感じさせる!!