FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

   

  

岩内ー目国内
H16.9.20

朝里川温泉にて4年に一度の同窓会。

ニセイカウシュッペをやって来た我々と、鹿児島から直行できた、うちのパートナーと合流。

予定どおり五時に着いた我々に対し、早く着いた彼は、もうビール四本目とかで、すっかりできあがっている。
文句を言いたかったが、私の竹細工を運んできてもらったので、文句を飲み込む。
近状報告とともに、明日の予定を・・
それに従い、観光組は、渓流釣り、小樽観光、そして我々、岩内岳ー目国内岳組に分かれる。
道内出身者は、お墓参りが多い。

我々のガイドは、札幌在住のJJ
ニセコに、別宅を持っているので、今回はそこに泊めてもらう予定。

登山メンバーは、ガイドのJJを筆頭に、我々夫婦、ニセイカを一緒に登ったHさん、そして100名山を3年で済ませ、今は山スキー・エクストリーム系にはまっているというSくん。
我々は、積丹岳希望だったが、ガイドJJが、先週下見登山をしてくた結果、台風で荒れているので、今回はこちらの方が良いだろうという。
お奨めにしたがって、岩内岳ー目国内に決定。

我々は地図を見て、標高の高い峠側をスタートとしたいと言ったが、ガイドに言わせると、低い方から登った方が楽という。

そこで、まず、メクンナイ側新見峠の登山口に車を止め、岩内側に。
11時出発。
スキー場の、廃止になったリフトに沿って登る。
ただただ直踏。
1時間で、リフトの終点。

その先もいくつかのピークを越え、登りだけ。
さらに1時間で避難小屋。
ピークはすぐそばのようなので、そこで、昼食。
メンバーが替わっても、やはり、ここでも宴会モード。
1時間近く経ってしまう。
そのうちに山頂から、年配の女性をリーダーに、3人組。岩内の地元で、よく登るのだが今日はお客さんを連れて、岩内岳だけに来たという。

我々が、これからメクンナイまで行くことを聞くと、逆コースの方が簡単・・という。
ほら、やっぱり・・という、我々に、ガイドは、「なんか、ずっと言われそうだなあ!」ぼやく。

きっとJJは、いつも、峠側に車を止め、自転車で下って、スキー場側から登ると言うから、その関係だろう。
それにしても、自転車で移動というのは、先日浅草岳のガイドをしてくれた、Nくんと、同じ発想。
今回Nくんは、不参加だが、やはり、仲間だなあ・・と思う。

山頂は、風が強いが、縦走コースがよく見える。
羊蹄山も思ったより近い。

山頂2時出発。
山頂から下ると、下は、湿原・・というより、川の始まりのような・・。

パンケメクンナイ湿原。
メクンナイの登りは、ガイドによるとたいしたことない・・とのことだったが、ながいながい!!

今回の台風だけではないようだが、風倒木が多い。
紅葉はあと少し・・といったところ。
それでも、見ようによっては紅葉が始まっている。
結局、岩内岳の山頂より2時間、4時にメクンナイに、到着。
メクンナイの山頂は、どこから涌いたかと思われるような、岩の重なり。
登山道は、岩場の下を巻いている。
JJによると、山頂には岩によじ登るのだという。
「えー、そんなの教えてもらわなかったら山頂に行き損なっちゃうねえ」
などと、ぼやきながら、腕の力でよじ登る。
大きな岩がごろごろ、
足場が悪いので、おっかなびっくり移動。

山スキーの大好きな、JJと、Sくんは、バランスがいいのだろう。ひょいひょいと、岩を伝って先の方へ。

見ている我々の方がどきどきする。
それにしても、我々の、情けないこと。
写真の中でも固まっている!!

ただ、ガイドの言葉を信じてよじ登ったが、あとで見ると、反対側からの道があったような・・・。
またまたガイドがしょげそうで、大きな声では言えないが・・・。
下りにかかってから、時間がおしていることに気づく。
明日の早い便に乗らなければならないSくん。
今日中に札幌に入る必要があるのだという。

どこか、JRの、駅に降ろせば・・と軽く考えていた我々。
ところが昔と違って、小樽回りの函館線は、1時間1本ほどしかないという。
「函館本線ではなく、函館支線だな」
Sくんがぼやく。
前メクンナイ山頂。

太陽とともに、山頂もガスって気のせいか暗くなりつつある。。

前メクンナイをすぎたら、走れるだろう・・と思ったら、結構歩きにくい道が、まだ続く。
「これで、懐中電灯で歩けっていわれたら、結構厳しいねえ」

5時半。何とか、明るいうちに峠の登山口到着。
Sくんをまず、駅に送り届ければ一安心・・・と、思っていたら、
「あっちの車に荷物がある」という!
急いで、スキー場側に、車を回収に。

車を回収した頃にはもう暗くなっている。果たして、間に合うか。「しっかし、Sくんのことだから、車で走っている今のうちに下りる準備なんてしてないんじゃない」などと、前の車をにらみながら私が毒づいていると、前にバス。行き先札幌の、高速バス!!

しかし前の車は止まらない。「気づいてないのかなあ」
駅に着くとタッチの差で、列車は行ったあと。
聞いてみると、高速バスには気づいたけど、案の定、荷造りが出来てなかったという。やっぱり!!
次の列車を待つ間、我々は夜の食事の買い出し。
倶知安発 19:21彼を送り出し、JJの別宅へ。
20年前に購入したことは知っていたが、訪れるのは初めて。

近くの温泉に入って、夜の宴会。

明日はどうしよう・・という話になった頃、私は、もう目がくっついて、どうしようもなく、オヤスミナサイ!!
JJの、別宅は、ニセコの別荘地に、列車を置いたもの。

ブルーは、トーマスを、意識したもの・・ではないそうだが、手入れも大変だろう。JJの手入れのたまものだ。

冬のスキーのためのものだそうで、全て、冬をターゲットに作ってあると言うが、9月半ばの今も、外は15度。

夜の話し合いに参加しなかった私は、知らなかったが、天気予報で「雨」だったので、観光に決定したという。

しかし、朝、雨は降っていない。

せっかくニセコに来たのだから、せめて沼巡りくらいしよう、ということになった。
チセヌプリと長沼。
この前の台風は、風台風だったという。そのせいか、沼の水量は大分少ない。

昔、雪解けが済んだ頃、五色温泉からチセヌプリを越えて沼巡りをし、この辺でテントを張ったことがあったが、今はテントを張るなんて、とんでもないことなのだろう。
神仙沼:

紅葉が始まっている。


イワオヌプリ登山口:

昼近いがまだ、雨がこない。
こんなことなら、イワオヌプリくらい登れば良かったねえ。
ぼやくが、いかんせんもう時間がない。
吹き上げ公園で、羊蹄山からの、水を汲み、
JJに別れを告げる。

私はいつもここで、「細川たかしの像は、どこ?」と騒いで皆に、「それは真狩だろう」といわれるのだが、まだ一度もその像を見たことがない。
私の頭の中では、その像は、金ぴかで、お金を入れると、歌を歌うと思っているのだが、本当のところは見てみるまでわからない。
羊蹄山は、やはり、存在感が、ある。

昔は、夜行に乗って、夜中に下りて、夜登り、朝日を山頂で眺めたねえ・・・なんて、昔話が出てくる。
あれは、比羅夫からだったのだろうか。
千歳に着いたらまだ時間があったので、「サケのふるさと館」へ。

丁度サケのあがり始めた頃なので、観光客が多く皆、インディアン水車に視線が集中。なかなか取れないが、取れたときは、歓声が上がる。
初めて、行ったのだが、インディアン水車も面白かったし、川底から鮭の泳ぐのが見れたり、三時の魚たちの食事時間が見られたり、楽しい施設だった。。
レンタカーを返し、空港で、鹿児島に帰る、パートナーとお別れ。

私と一緒に、「おともdeマイル」で東京に帰るHさん。
行きに引き続き、またも検問で引っかかり、行ったり来たり。

結局は、ズボンのバックルのようで、次回からは、最初からベルトをはずし、ズボンを押さえて、通ったら・・?とアドバイス。
解放されてから飲んだビールは美味しかったですね。

帰りは、もう車の運転がないので、サービスのビールを当てにして、Jシート。
キャビンアテンダントが名前を呼んでくれて、挨拶。
どこだったか、ゴルフ場で、キャディさんが名前を呼んでくれたことがあったが、その時と同じでびっくり。
シートもゆったりで、快適。

今回の旅も楽しい旅だった。