恋活
家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック

        白雪姫     〜鹿児島バージョン〜

おきさっどんが
「かがんよかがん、
世界でいっばんみごちとはだいやろかい」

ち、たんぬれば、かねちゃ
「そあ、おはんがいっばんよかおごじゃっとよ」
ちゆぅ魔法のかがんに、かねっのっご たんねたなぁ
「そや、白雪姫やらせんどかい」
ち、かがんがゆたなあ

「なんちな!?」
お妃っどんが、はらけっかぎぃはらけっせえ、森んなけ小人んしと仲ゆ住んじょらった白雪姫がとこいっせえ、毒の入ったリンゴをば持って行かったげな。

「リンゴは要いやはんどか〜い」
ち魔女ん真似をしたお妃っどんがさるっごったなぁ、そけ白雪姫んげぇがあっせぇ、
庭の草取いをしごった白雪姫に

「リンゴはかまんや?」
ちゆわったげな。

「まこち、どいうんめかろそなリンゴやろかい」
ち白雪姫はそんリンゴをもろっかんだなあ、かんだいきひっくあらった。

小人んしが
「がっついこえなこっつあねかった。
け死んやったとけ?
じゃったれば、
今夜が本通夜で明日そしっじゃろなぁ。
こげん良かおごを、
ほんのこちあったらしこつしたなぁ」

ちほろめっげったなあ、
そけうんめ乗らった王子どんが
通(トオ)いかからっせ

「うんにゃ、んにゃ!
まこちぐらしかこつしたもんじゃ。
おはんなないごてリンゴをかんだとぉ」

ち ゆっせぇ起こそかいちしたなぁ、白雪姫ん口っかいリンゴが飛っで来っせぇ、白雪姫が
「たひかったがこあ!
あんねこっでけ死んとこやったが!」
ちゆたげなお

お妃様が、
「鏡よ、鏡!世界で一番すばらしいのは誰かしら?」


と、尋ねれば、いつもだったら
「そりゃぁ、あなたが一番美人ですよ」

という、鏡に、いつものように尋ねた。すると、

「それは、白雪姫ではないかしら」
と、鏡が言った。


「なんですって?!」
お妃様は、怒りに怒って、森の中で、小人の皆と仲良く住んでいた白雪姫のところに行こうと、毒の入ったりんごを持って出かけたそうだ!

「リンゴはいりませんか〜!」
と、魔女の真似をしたお妃様が、歩いていくと、そこに白雪姫がいた。

庭の草取りをしていた白雪姫に
「リンゴは食べませんか?」
と、言ったそうだ。

「まぁ、ホント!
なんて美味しそうなリンゴかしら!」

と、白雪姫が、そのリンゴを貰ってかじると、かじったとたん、すぐ、倒れてしまった。

小人の面々が、
「なんと、こんなことがあるだろうか!
死んでしまったんだろうか?
それなら、今夜が本通夜で、明日が葬式だろうなぁ!
こんないい子を、本当にもったいないことをしたなぁ」
と、悲しんでいたら、そこに、馬に乗った王子様が通りかかった。

「おやおや!
本当にかわいそうなことをしたものだ。
あなたはなぜ、リンゴをかじったんですか?」

そう言って、起き上がらせようとしたら、白雪姫の口から、リンゴがとびだした。白雪姫は

「これはびっくりしたわ!
あんなことで死ぬところだったわ!」
と言ったそうな!!