家電バーゲン
楽天市場
FX自動売買
禁断のケーキ

   

〜南アルプスリベンジ〜
聖-茶臼-光岳
H19.8.4〜8

一昨年、雨で途中撤退した、南アルプスの縦走の続きを計画した。

台風は去ったものの、林道の荒れを恐れ、半日遅れて出発。

下栗からの林道はなかなかの道で、思ったより時間がかかり、余裕を持たせて正解!!

便ヶ島の駐車場で仮眠。
車中泊一人500円。
朝5時起床。
6時出発!!

最初は、キャンプ場隣接の遊歩道で、橋などもあり、なかなか快適な散歩道。
ゴンドラで渡渉!

重力で真ん中までは行くが、後は、自分で引っ張るか、誰かに引っ張ってもらうか・・・。


渡渉が済むと、ひたすら登りの、5時間半!!
薊畑は、一面のマルバダケブキのお花畑だった!!

前回の記憶で、ザレ場に出たよね〜!!などと思い出しながら歩くが、だんだん休憩時間が長くなり、最後は30分どころか、15分で休んでしまった!!

でも、薊畑で飲んだビールのおいしかったこと!!

持ち上げてくれたHさんに感謝!!


西沢渡6:00−薊畑11:45
小屋が目の前になると、私にも写真をとる許可が出て、の〜んびり!!

ハクサンフウロ、ヨツバシオガマ、タカネオトギリなどが咲き乱れている。

小屋に入り、小屋の外で、ビールとともに遅い昼食を取っていると、Hさんが、
「あれ?ポツッと来たよ」

「え〜!晴れているよ?」

と、言ったとたん、「ドーッ」と、降りだした!!
鹿児島の夕立にも匹敵するくらいのすごい降り!!

登山客がどんどん逃げ込んでくる!!

早めに入っていた高校生のパーティー。
なかなかテントを張らないので、
「ほらほら、小降りになったところで張らないとまた降ってくるよ〜!!」
などと、陰で言っていたら、顧問の先生か,OBか
「実はですね〜!あきれたことにポールを忘れたんですよ!!」

「どこの高校ですか?」「I高校です」
「あら、私U高です。Iからの転校生がクラスに居ましたよ〜」
なんて、ローカルな話題!!

結局、高校生たちは、小屋に素泊まり。
お金持っていたのかな〜なんて、関係ない我々は余計な心配を・・・。
次の日は、空荷で聖岳ピストン。

前回何も見えなかったが、実はこんな山だったんだということに気づく!
天気に誘われ、山頂は人でごった返している。

前回登った、南アルプスの山々が、あらためて、また我々を迎えてくれた。


聖平小屋5:00−薊畑分岐5:20-小聖6:30-聖山頂7:40
前回は、「何も見えないのに行ってもね・・・」
と、省略した奥聖まで足を伸ばす。

奥聖、初登頂!!
バンザ〜イ!!

聖山頂7:40-奥聖8:00
奥聖8:00-聖平小屋10:00

小屋に戻り、パッキング。
早めのお昼を食べる。

高崎で、買ったものの食べずに残っていたK社のレトルトご飯。
ちょうど良かったと持ってきたのだが、コッヘルに無理やり入れると、沸騰とともに持ち上がる。
四苦八苦していたら、お隣さんが大きなコッヘルを貸してくださった。

Hさんが、アルファ米で妥協してくれるようになるのを待つのみ!!
聖平小屋11:00-上河内岳分岐13:00

花を愛でながら、縦走路を歩く。

トリカブトが早くも咲いていたり、マツムシソウが咲いていたり。
といって、もう秋かと思うと、シャクナゲの花がまだ咲き残っていたり・・・。
上河内岳は、なかなか立派な山。
コースタイム15分とのことだが、空が怪しくなってきた。

上河内岳の山頂もみるみるガスに包まれてしまった。

「展望がないんじゃぁね!」
「昨日は2時からにわか雨だったから、今日も一雨きそうよ!」
言い訳ができて、上河内岳は『登ったつもり』


やはり、朝の聖ピストンが足にこたえているので、天気を理由に皆の意見が一致!!

先を急ぐ。

それにしても、雷の音がいやな感じ!!
上河内岳分岐13:00-茶臼小屋分岐14:00

茶臼小屋分岐には、「小屋まで7分」の表示。

近くに遭難の碑がある。

こんなところで遭難したなんて、さぞや無念だったろう!!
後7分頑張れば、小屋に入って助かっただろうに・・・!
そんなことを話しながら、下りるが、この7分のきつかったこと!!

足場が良くないこともあるが、疲れのせいもあったろう。
15分くらいかかって小屋に着いた。

昨日なら雨にあっていたところだ。

幸い降りだしたのは、小屋に落ち着いて、また宴会モードに入った頃、15時だった。
朝3時頃から、ごそごそが始まった。
日帰りで、光をピストンする人や、光を登って易老度に下りてしまう健脚組み。

我々は、昔ならいざ知らず、もはや年取っての楽チン組みなので、朝食までもう少し寝たい・・・!!

ところが我々の脇のグループだけ、準備の、のろいこと!!のろいこと!!
「寝袋は持っていくの?」「いや戻ってくるから持たないよ」
「なべは持つの?」「いや、バーナー持たないからいらないよ」云々
『前の日に打ち合わせしておけよ〜』内心ぼやいていたら、なんと!!
「ジー、ジー」今度は髭剃りが始まった!!
髭剃りだから、そのうち終わるだろうと思っていたら、長い長い!!
どこを剃っていたのだろうか!!
50分たって、やっと出て行った!!
4時電気が点いて起床。
彼らが出て、すぐだったので、皆で顔を見合わせ、苦笑!!

4時半からの小屋食を食べている頃、5時が日の出!!

小屋の人たちが、「今年1番」というくらい、この日も天気は良い!!

食事組は、12人。
下りる人もいるが、残りの9人ほどは、同じスケジュールの光小屋組!
茶臼小屋5:15-茶臼岳山頂5:35-仁田岳7:00

茶臼の山頂あたりから、同じ方向の9人が、抜きつ抜かれつ。
仁田岳7:00-易老岳9:00

このまま行ったら、早く着き過ぎそうね・・・
という言葉が、お互いの挨拶になってしまうくらい、コースタイムが甘い!!

お昼は水のある静高平で・・・
考えることは皆同じ!!

易老岳の分岐にはたくさんのデポ!
3時に出て行った組だろう。
易老岳9:00-静高平10:30

ピストン組みの1番は、単独行の女性。
空荷でピストン、畑薙に下り、今日のうちに広島に帰ると、誰かが教えてくれる。
「元山岳部なんですって!やはりすごいわよね〜!」

そういえば、私の友達にも隣の女子大の山岳部OBがいて彼女と行くと非常にハードだったっけ!!

髭剃りグループが、1番最後、11時近くになって下りてきた。
ばてばての人がいて、「あれで小屋に戻ったら何時になるんだろうね」
要らぬ心配をする。
静高平11:00-センジガ原11:30

センジガ原には、
「イザルガ岳往復15分」と、書いてある。

「え〜!片道じゃなくて、往復??」
半信半疑だったが、確かに、7,8分で山頂に着いた。
センジガ原-イザルガ岳12:00-光小屋12:30

山頂からは、今まで歩いてきた縦走路が見晴らせる。

いまさらながら、上河内岳を、日和ったのが残念!!
小屋は、センジガ原を見渡せる最高のロケーション。

テン場の奥のガレ場に、ビランジが咲いてないかと期待したのだが、なかった。

小屋のご主人の話では、たぶん、ハハコだろうとのこと。

ビランジは池口岳まで行かないとないという話だった。
光小屋12:30-光岳山頂13:00

雨が降り出す前に・・・と、山頂を目指す。

う〜ん!これが、100名山、憧れの光の山頂!!

来年の年賀状に使おうかと、記念写真を撮る!!
光岳山頂13:00-光石13:30-光小屋14:00


光石は、思ったよりずいぶん下りる。

石灰岩みたいな岩だけど、これが、静岡側から見ると光って見えるらしい。

私は、光石より、光石の間に咲いていたミヤマムラサキのほうに、目が釘付け!!
光小屋4時半出発

朝、小屋の電気が4時に点いたので、食事を取らず出発!

目指すは、イザルガ岳の山頂。

これから12泊で北岳を目指す、大学山岳部のお兄ちゃん達と、日の出を待つ!

残念ながら、この日の太陽は、雲の中!

イザルガ岳5:05-静高平5:20
静高平6:15-易老岳分岐8:00

やはり考えることは皆同じ。
静高平で、残飯整理を兼ね、朝食。

お赤飯と、カレーライスと、ミネストローネと、お味噌汁に春雨スープ???
1口ずつ分け合って、食べ終わる。

すっかり荷物も軽くなって、下山!
易老岳分岐8:00-面平10:00-易老度11:10

便ヶ島からの登りも急だったが、こちらもなかなか厳しい急坂。

面平からの下りは、もう足が動かず、1時間のはずが10分オーバー!!
便ヶ島においた車を取りに戻り、汗を流しに、上村の「神楽の湯」へ。

ものすごく立派な温泉。

定休日は木曜日。今日は水曜!!ラッキー!!

入湯料600円也

お土産を買って、お昼を食べ、帰途についた。